不倫したくて人妻風俗へ

惚れた札幌の風俗嬢とプレイしたい

ネオン瞬く札幌、すすきのの夜。僕は風俗嬢に惚れました。先日の夜のこと、札幌のデリヘルを使って、僕らは楽しい時間を過ごしていました。正直、相手のデリヘル嬢が楽しかったのかと聞かれれば、僕は曖昧なことしか言えない。でも、「本当に〇〇さんと話していると楽しい」と言ってくれる彼女。風俗嬢を満足させることができるのは客だけ。客を満足させられるのも風俗嬢だけ。そこは、上手にウィンウィンの関係を作っていくことが必要となるかもしれません。僕はその札幌のデリヘル嬢に惚れていて、最近は彼女との連絡を取るのが日課になっています。結局付き合えるかどうかはわかりません。ただ、彼女は僕のことを気に入ってくれていて、「今度プライベートでデートしない?」とも言ってくれているくらい。こういう子を見つけることもできるから、ぜひ色々とやってみて欲しい。使えば使うほど、この手の店の良さは感じられるんじゃないでしょうか。恋をする楽しさもありますよ。

恋愛下手な僕のデリヘル予行演習

恋愛下手な僕は、デリヘルで予行演習することにしました。今、僕は会社の同僚に恋をしています。彼氏がいないことも確認済みだし、彼女が男性と付き合ったことがないということも確認しています。そんなこともあって、僕も彼女をゲットしたい。ただ、僕もずっと彼女ができなくて、この歳になっても童貞の男です。恋愛が下手なんです。そこで、少しでも女心を知るため、札幌の風俗を活用させてもらいました。札幌で有名なデリヘルを使って、風俗嬢とプレイしてみる。「今好きな人がいるんだけど、どうやって落とせば良いと思う?」と僕がデリヘル嬢に聞くと、彼女は「そんなのわかんないよぉ」と言っていました。「そもそも、そうやってすぐに人に聞くんじゃなくて、自分で考えてみたらどうかな」と言われる始末。でも、確かにそれはそう。今回はプレイもして楽しんだのですが、こんなことして同僚のその子が喜ぶわけがない。まずは、僕も頑張って自分なりに考えてみたいと思います。